茶クマ 治りやすい

茶クマはシミと違って治りやすい!

 

 

目にできるクマの中でも茶クマは厄介だとそんな話を聞いたことがあるかもしれませんね。
当サイトで紹介しているとおりに私はアイキララで茶クマを改善することに成功しました。

 

実はネットで言われている「茶クマはシミと同じ」だから改善しないというのは嘘で、シミと違って治りやすい!
ということが突き詰めて調べて分かりました。

 

茶クマの悩みはすでに諦めている方にぜひお伝えしておきたいことがあります。

 

 

茶クマはシミとは違う

 

茶クマは目の下にできるシミ!化粧品で治すのは無理!なんて言っている人もいますが、それはきちんと調べたり実践した人の言葉ではありません。

 

ネットで拾える情報は、そのサイトを運営している人も所詮は同じようにネットの情報を集めてまとめているだけに過ぎないのです。

 

茶クマができるのはシミと同じ原理ですが、私は圧倒的に茶クマをケアする方が簡単だと思っています。
シミよりもずっとずっと茶クマは改善しやすいのです。

 

シミはメラニンが肌の奥に沈着することで起こります。茶クマも同じでメラニンが沈着しているので茶色になって表れるのですが、メラニンが沈着している深さが茶クマは浅いのです。

 

メラニン色素はシミの原因となり黒色をつけるもので、黒ずみ・シミの原因となるものです。

 

肌の奥深くに沈着してしまうので化粧品の成分では届かないので改善が難しいとされています。

 

しかし、茶クマの場合はメラニンが沈着している部位がまだまだ浅いのです。

 

目の下の皮膚は凄く薄いので4mm〜5mm程度しかありません。

 

浅い部位のメラニンは正しくケアしてあげるとターンオーバーでキレイに再生することが可能です。

 

目の皮膚が薄いのでメラニンの沈着が軽いからこそ茶クマはケアできるということです。

 

 

 

茶クマを治す為にはターンオーバーが重要!

 

茶クマを解消する為にはターンオーバーを正常化しなくてはなりません。

 

茶クマが目立っているということは目の下のターンオーバーが上手くいっていない証拠でもあります。

 

そこでアイキララが活躍してくれます。

 

アイキララはビタミンC誘導体を肌に届けることでコラーゲンと結びついて目の下の細胞を活性化します。

 

そうすることでターンオーバーのサイクルが正常になり、メラニンがどんどん剥がれ落ちていきます。

 

茶クマの程度にもよりますが、軽い場合はアイキララを使って1ヶ月で改善が見込めると思います。

 

 

 

 

ひどくなってしまうと時間もかかってしまいますし場合によってはアイクリームなど自宅のケアだけでは改善できなくなってしまいます。
だからこそ、ひどくならないうちに茶クマをケアしておくことが大切です。

 

「最近茶クマが気になる」と思ったのであればすぐにでも対策が必要です。

 

治らない・改善しないということは何の根拠もないので諦めないように正しくケアを実践されて下さいね。

 

 

⇒茶クマを治す方法はこちら